パンケーキは心の健康食

東洋医学に学ぶ

最近注目されている医食同源という言葉をご存知でしょうか。
これは、医療と食事は根源が同じものであり、食事に気を付けることが医療としての役割を果たし、病の予防や治癒に直接つながるという考え方です。
このような食事に気を付けて日々の健康を維持増進するというものは、日本では一般的に東洋医学や中医学の中にある薬膳という食事体系に見ることができます。

この薬膳は食材と生薬をバランス良く組み合わせて摂取することを基本とする健康食の方法であります。
東洋医学ではよく体の気の流れなどが重視されていますが、この薬膳と呼ばれる健康食にも栄養学的な健康維持はもちろんのこと、様々な食物や生薬には体全体やそれぞれの五臓六腑に気や活力を与える効能があるということで2つの観点から健康増進を目的としているものなのです。

さてその薬膳を実践してみることを思い立ったとしても、漢方のように特殊な薬草や野菜を必要としたり、食材の調達にも値段にも大きなコストが必要であったりするのではないのかと思ってしまうかもしれません。

たしかに滋養強壮という観点で漢方薬に近い食材を手に入れるとなれば高額になってくるものもあるでしょうが、薬膳の一番の良いところは全ての食材が、それぞれ何らかの薬効を持つ観点であることです。

例えば、料理に刺激を加えたい時によく用いられるトウガラシですが、これには発汗作用を促進して体温を下げるという役割があります。
また逆に、和食のアクセントを引き立たせるために使われるショウガには体温を高めて免疫力を挙げるという効果があるのです。
このように、常日頃目にする食材やいつも口にしている食べ物であっても、健康を維持するための特別な効果を持っているものが多くあります。

これらの食材を意識して組み合わせ、その時の環境や体調などを考慮した効能にすることによって、自分独自の健康食を作ることが可能であるのです。
東洋医学の観点からも食事を捉えて、健康な生活を目指しませんか。